自己破産のメリット・デメリットを知ろう

HOME >>  過払い金 > 長期間借金をしていると過払い金が発生している?

長期間借金をしていると過払い金が発生している?

人は生活をしていくためにはある程度のお金が必要になりますが、お金が足りない場合は金融機関からお金を借りることになります。

 

そして人がお金を借りるための金融機関にもいろいろな種類の金融機関がありますが、一番多く利用されているのが消費者金融です。

 

そして消費者金融で長い期間借金と返済を繰り返していると数百万円の過払い金が発生することがあります。なぜなら消費者金融は一昔前は利息制限法で定める利率を超過する利率で利息を取っていたからです。

 

しかし裁判所の判断で利息制限法で定める利率を超過する部分の利息は無効という判断をされたので、この部分は元本に組み入れて借金を計算することになります。

 

そのため長い期間借金と返済を繰り返していればそれだけ無効になる利息も多くなり、それらを元本に組み入れることによって借金が無くなったり、払いすぎていたりすることもあります。

 

さらに長い間借金と返済を繰り返していた人が完済している場合はより多くの過払い金が発生することになります。