自己破産のメリット・デメリットを知ろう

HOME >>  任意売却 > 住宅ローンを滞納したら任意売却

住宅ローンを滞納したら任意売却

住宅ローンは毎月の収入のかなりな部分を占めるという家庭がほとんどです。なんらかの理由で収入が減ってしまうと支払うことが困難になります。ローンの支払いが滞ると金融会社から督促状が届くようになります。

 

そこで何らかの手を打たない場合には、債権者は金融会社から保証会社に変わります。あっという間に裁判所からの命令で家を差し押さえられ、競売にかけられることになってしまいます。

 

借金があるのに急いで新居を探し、移らばければならなくなります。手遅れにならないうちに任意売却を選ぶと、状況は大きく変わってきます。

 

任意売却は競売ではなく債権者と交渉して自分で家を売却出来るようにしてもらう方法です。まず自分のペースで事を運ぶことができるので、引越し先を探すにしても余裕をもって日程を組むことが出来ます。

 

また競売だと家の評価額よりかなり安い価格で売却されてしまいます。これでは多額の借金が残ることになってしまいます。任意売却は借金が残るにしてもかなり額が少なくなります。

 

また売却益のなかからいくらかを自分の手元に残すことができるので、生活再建するのに役立てることができます。