自己破産のメリット・デメリットを知ろう

HOME >>  任意売却 > 住宅ローンと任意売却

住宅ローンと任意売却

住宅ローンを滞納し続ければ、通常は債権者が担保不動産の競売を申し立て、それが裁判所によって認められれば、競売が決定してしまいます。

 

競売が決定してしまえば、債務者の意志などは一切斟酌されることなく法律で決められた手順に従って淡々と不動産の売却がされてしまうのです。

 

それでも、担保の不動産が高価な価格で落札されればまだ良いと言えるかもしれませんが、ほとんど場合は相場よりもかなり安い価格で落札されることが普通です。

 

それにその落札代金は債務返済に充てられるのでほとんど場合は債務者にはいってくることはありません。それに当該不動産の明け渡しなども落札者の意思で決まりますのですぐに退去しなければならないこともあります。

 

しかし、競売を避ける方法が任意売却です。任意売却は債権者を話し合いで解決をめざすもので、話し合いでありますから、条件をある程度折り合いをつけることも可能になります。

 

競売に成ってしまうなら断然、任意売却の方が債務者に有利なことが多いのです。