自己破産のメリット・デメリットを知ろう

HOME >>  任意売却 > 任意売却は通常の不動産売買と同じ扱いで取引される

任意売却は通常の不動産売買と同じ扱いで取引される

住宅ローンが払えないまま、ある程度の期間が過ぎてしまうと、現在住んでいる家が債権者によって競売にかけられてしまい、強制的に家を追い出されることになります。また、競売には100万円前後の手数料がかかり、売却価格も市場価格より低い物になってしまいますから、場合によっては住宅ローンの残債を払えないまま、路頭に迷うことも十分に考えられます。そうなる前の一手として、任意売却を選択するのをお勧めします。
 
マンション売買
 

任意売却は通常の不動産と同じ扱いで取引されるため、競売より高値で売ることが可能になり、家の引き渡し時期を話し合いによって決めることが出来るので、問答無用で家を追い出されることも無くなります。また、チラシなどで世間に公開される競売とは違って、通常の売却手続きを通して取引が進むので、近所に知れ渡るということが無くなるのもメリットです。
 

再スタートを切るための後押し

 

また、競売では売却する相手を指定出来ませんが、任意売却なら身内や協力者に購入して貰うことで、家を失わずに済む方法が可能になります。この様に任意売却は、競売と比べて状況を改善する猶予が与えられるので良い選択肢ですが、これだけで問題が全て解決する訳では無く、あくまで再スタートを切るための後押しだと考えていなければなりません。