自己破産のメリット・デメリットを知ろう

HOME >>  任意売却 > 任意売却のデメリット

任意売却のデメリット

任意売却手続きとは、住宅ローンの返済に問題が生じた際にローン残高の整理のために不動産を売却する仕組みのことです。

 

抵当に入っている物件を差し置されられて裁判所を通じて競売にかけられるケースよりも、任意売却でローンを整理したほうが残債務が少なくなるため、債権者・債務者両方にメリットのある仕組みです。

 

しかし、全てにおいてメリットばかりというわけではありません。今回は、任意売却のデメリットについて解説します。任意売却では、不動産物件を売却してローン残高の返済に充てます。

 

売却価格がローン残高よりも高ければよいのですが、一般的なケースでは売却価格がローン残高を上回るケースは少なく、任意売却の手続きが成功してもローンの残債務は残ってしまいます。

 

残債務については当然のことながら返済の義務がありますから、不動産を失ってローンの返済義務だけが残ってしまうことになります。

 

任意売却手続きを進めるためには、債権者や保証人など各方面と交渉し同意を得る必要があります。

 

手続きの多くは代行業者に依頼できますが、自分でやらなければならない手続きも多く、手間と時間がかかってしまうことは避けられません。