自己破産のメリット・デメリットを知ろう

HOME >>  任意売却 > 任意売却とは

任意売却とは

任意売却とはお金を借りた人とお金を貸している金融機関の双方の同意に基づいてされるもので、いつでも行われるわけではなく、主に住宅ローンの返済が厳しくなったときに、不動産等の物件の売却が行われます。

 

ローンの返済が厳しくなると、競売によって売却されることもありますが、任意売却は競売によって土地が売却される前に返済してしまおうというものです。

 

任意売却は一般の中古物件と同様に売却されるため、任意売却をしたことはほとんど分かりません。

 

また、競売物件として売却するよりも価格が高くつきやすく、現金化までの手続きの時間が短くすみます。お金を貸した側の金融機関にとっても資金の回収がしやすいというメリットがあります。

 

任意売却で負債の返済が終わらない場合には、金融機関と返済計画を立てる必要がありますが、任意売却をした場合には交渉次第では引っ越し料金を負担してもらえたり、無理のない返済計画を立てるなど売却後の人生設計を立てやすくなります。