自己破産のメリット・デメリットを知ろう

HOME >>  任意売却 > 任意売却が競売よりも優れている点

任意売却が競売よりも優れている点

住宅ローンを返済中の物件に対して、返済が行えない経済状況になってしまった場合はその物件の差し押さえが行われてしまう可能性があります。そうなると差し押さえられた物件は裁判所を通して競売にかけられ、その際の落札価格がローンの弁済として金融機関に充てられるのです。
 
010e45f0f86500463ccf2482b23197b1_m
 

ところが、競売になってしまうと近隣住民にもその旨は明らかになってしまいます。また、家屋内部の写真等も競売物件の情報として公開されてしまうので、出来れば競売に行きつく前に他の方法で対処したいと考える債務者は多いです。
 

任意売却

 

競売よりも債務者への心的負担が少なく、また物件価格も高くなりやすいのが任意売却と呼ばれる方法です。この場合は任意で行う物件の売却で、債権者である金融機関と債務者だけでなく、物件の購入希望者も関与した不動産売買になります。

 

通常、競売になると入札者の意思で落札価格が変わってきます。そして、競売の場合はそれほど高い落札価格にはならないケースが多いです。ところが任意売却の場合、3者の話し合いによって購入価格が決められることになるため、競売よりも高い価格で物件を売却することが出来るのです。