自己破産のメリット・デメリットを知ろう

HOME >>  任意売却 > あまり知られていない任意売却とは

あまり知られていない任意売却とは

みなさんは任意売却というものをご存知でしょうか。

 

ローンを組む際には、自宅など不動産を担保にすることが多いですが、もしローンの返済ができなくなった場合はその不動産に競売の申し立てが行われ、競売にかけられることになります。

 

競売は落札価格が市場価格に比べて低くなるケースが多く、多額の借金が残ってしまうことも少なくありません。落札した側の都合で立退きを急に迫られることもあり、自宅を失った上で莫大な借金が残ってしまうという悲惨なケースもあります。

 

さらに物件情報が公開されてしまうため、競売にかけられたことが世間に知れ渡ってしまうという別の側面もあります。

 

そんなとき検討したいのが任意売却です。任意売却は融資を受けている金融機関と交渉して債務者が自発的に担保物件を処分し、借金の返済を行うものです。

 

自分の手を離れて物件が安く買い叩かれる競売と異なり、市場価格での売却が見込め、交渉次第で引っ越し時期を都合の良いように決めることができたり、今後の返済計画を自分に有利なように組むことも可能になります。

 

もし担保を失うにしても、できるだけ負債額を圧縮でき、その他のメリットも多い任意売却を選択するほうがより賢明であるといえます。